ミクとミクロとロマンチスト「上手い事言ったつもりですか!!」 基本、ミクロマン、時々ボーカロイドやらなんやら…クアントさん!!またミクロ企画連載しましょう!!と言う俺企画が中心の「ミクロ復興祈願ブログ」「いつの間にか」追加記事がある時があるので過去記事とて油断ならないので…orz…

えびとろあなご蒸し

基本、ミクロマン、時々ボーカロイドやらなんやら…クアントさん!!またミクロ企画連載しましょう!!と言う俺企画が中心の「ミクロ復興祈願ブログ」「いつの間にか」追加記事がある時があるので過去記事とて油断ならないので…orz…

最近の記事
ミクとみくるのミクロ…
03/01 01:33
ミクとみくるのミクロ…
03/01 00:10
ミクとみくるのミクロ…
02/28 20:53
ミクとみくるのミクロ…
02/26 23:03
ミクとみくるのミクロ…
02/26 23:03
最近のコメント
激遅ですがお大事に。…
ゼントラン 06/15 22:12
まぁ。。。部品がそろ…
ゼントラン 05/28 16:03
 ゼントランさん、お…
えびとろあなご蒸し 05/26 00:22
ミクロマンって説明書…
ゼントラン 05/18 02:36
アメリカで友人宅に動…
ゼントラン 05/18 02:24
最近のトラックバック
繧ソ繧ォ繝ゥ繝帙ン繝…
02/11 22:00

ミクとみくるのミクロトーク 第12回

ミクとみくるのミクロトーク第1回

 いよいよこの応援トークも終盤を迎えました。ミクロアクションシリーズへの要望についての話がまだ続くようです。さあ、最後まで見届けましょう。

ミクロマンに関するアンケート実施中です

 アンケート…もう終わったかも…orz…


みくる「ミクロアクションシリーズでは他に未参入の作品ではどのようなものを望まれるのでしょうか?」
みゆき「基本、戦う人間達ですね。
 エルドランシリーズ、魔法少女リリカルなのはシリーズ…この2作は勇者シリーズとも縁が深い作品なので外せませんね。」
ミク「スバルのセットアップシーンは彼女に『勇者王』のニックネームまで与えていますからね。」
みゆき「それ以外で言うと、先ほどから挙げてきているヤッターアクションのトンズラーとボヤッキー、それと、彼等のオリジナルデザイン版も希望の1つですね。もちろん、ドロンボーにはおしおき三輪車は切っても切れないでしょう。これも出来る限り早期に実現して貰いたいものですね。
 それと、以前のアンケートでミクロアクションで女児ものの企画を考えていたらしいのですが、それならタカラトミーにはバンダイにも負けない作品群がありますね。現在放送中の『しゅごキャラ! 』を筆頭に『マーメードメロディぴちぴちピッチ』『東京ミュウミュウ』『愛天使伝説ウエディングピーチ』と言った知名度の高い作品もラインナップに入れるべきでしょう。特に『ミュウミュウ』と『ピッチ』は以前にタカラはほぼミクロサイズで可動ドールを出していますからサイズ的なノウハウもありますし。あと『スーパードール リカちゃん』と言うシリーズもありましたが、これはその名の通り『リカちゃん』シリーズの派生作品で、『ミクロマン』のアニメと同時期にアニメ展開されていた作品です。これも候補に入れたいですね。」
みくる「ウエディングピーチは『らき☆すた』でも話題に使われていましたので最近また認知されているそうですよ。」
みゆき「特に女児ものはドール系が主流になりやすいのですが、これらの作品の登場人物達は『戦う』描写が多いのでむしろ可動フィギュア向けと言えるでしょうね。同様に女児ものではないのですが、男女ともに人気の高い『ポケットモンスター』シリーズもミクロにうってつけの題材と言えますね。」
ミク「うちのマスターはジョーイさんが出て欲しいと常々言ってますね。」
みゆき「ポケットモンスターは主人公、サブ、ライバル、悪役とこう言った要素は全て持っているキャラクターで成り立っていますからね。
 それと、戦うと言って忘れてならないのが特撮ヒーローなんですが、実はさっき言い忘れた事がありまして、『魔弾戦記リュウケンドー』ではヒーロー達と戦闘員まではラインナップされたのですが、肝心のパワーアップ形態とライバル的キャラはラインナップされていないで終わってるんです。
 具体的に言うと、ゴッドリュウケンドー、マグナリュウガンオー、ファイヤーリュウケンドー、アクアリュウケンドー、サンダーリュウケンドー、マスターリュウケンドー、アルティメットリュウケンドー、アルティメットリュウガンオー、アルティメットリュウジンオー、そしてジャークムーンとレディゴールド辺りですね。Dr.ウォームなどはあまり魔弾戦士達とは直接の戦闘はしていませんが、彼や血煙伯爵ブラッディなどもラインナップに入れたいところですね。ロッククリムゾンなんかは直接対決も面白かったらしいですし。
 他には最近放送の作品『トミカヒーローレスキューフォース』やその後番組の『レスキューファイヤー』、逆に過去に放映された作品なら『電光超人グリッドマン』等もありますね。
 特にグリッドマンはミクロアクション+カテゴリでの販売が望ましいでしょう。グリッドマンとアシストウェポン(ゴッドゼノン)のセットでサンダーグリッドマン、グリッドマンシグマとダイナドラゴンのセットでキンググリッドマンシグマで発売し、カーンデジファーは通常ラインで販売します。
 他には他社のものになるのですが、『超光戦士シャンゼリオン』や『七星闘神ガイファード』と言った作品もめぼしいところでしょうか。
 それと、忘れてならない作品がようやく実現しそうになりました。」
みくる「と言うと?」
みゆき「タカラトミーさんがハズブロー社を通じてマーベル社と手を組んだそうですよ。
 これまでマーベル作品は『スーパーマン』『バットマン』と言ったところはミクロになりましたが、『スパイダーマン』だけはまだミクロになっていないんです。いえ、原型までは出来ていた時もあるらしいのですが、複雑な事情によりお流れになっていたんです。
 現在はハズブロー社によるマーベル作品の製品の販売委託のみと言う事らしいのですが、流れを引き寄せる事が出来ればスパイダーマンのミクロ化は十二分に有り得る事ですね。
 それには過去の確執をどうやって乗り越えるか、と言う問題もありますが、現在でもタカラトミーは『トランスフォーマー』とマーベルのコラボ製品を出しているので可能性はないとは言えませんから。
 噂では映画で『スーパーマンVSスパイダーマン』や『スパイダーマンVSバットマン』等と言った企画も動いているらしいですし…」
みくる「そうすると、マーベルファンの数年来の夢が叶う日も近いかも知れないわけですね。」
みゆき「他にもマーベルではトランスフォーマーとのコラボで『アイアンマン』『超人ハルク』『X-MEN』『ファンタスティックフォー』と言った著名なキャラも出ていますし。『X-MEN』は過去にタカラが商品を発売していましたからそう言った方面の実現も夢ではないと思われます。
 後は他社の同様の作品との密接な連携も復活の鍵でしょう。『武装神姫』『figma』と言った現在人気の可動フィギュア群のノウハウを生かしたコラボレート製品も人気の引き金になるかも知れませんね。
 ミクロアクション参入が求められる作品には他に『VOCALID』シリーズも挙げられますね。ミクロサイズのバンド編成で楽しめる事請け合いですよ。figmaでは付属品が少なかったメンバーもいますが、こちらはバンド編成を前提にセット内容を構成していけば確実に人気が取れると思います。」
みくる「メンバーの担当はどう言ったものを考えてあるんですか?」
みゆき「こちらのミクさんはボーカル中心ですが、全員が電子楽器を所持する設定らしいです。レンさんはもうパートが決まっておりますが、リンさんはシンセギター、KAITOさんはシンセドラム、MEIKOさんはシンセピアノ、そしてルカさんはDJベースが決定しているそうですよ。このアイディアでは。で、ミクさんですが、今話題の『あの楽器』が付くらしいです。」
みくる「ラインナップ次第でいくらでも人気が取れる、と言う事ですね。後は製品の品質を落とさないで更なるクオリティアップを図れば言う事なし、と言う事ですね。」
みゆき「まだまだ言い足りない事ではあるのですが…こちらのマスターさんはそれ以上の色々なアイディアを抱えていらっしゃるようですね。とてもこの場では言い尽くせませんでした。

 最後にカスタマーとのコミュニケーションは重要な事ですので、公式ブログの設置と公式サイトの内容の充実は絶対必要条件でしょう。過去製品ではミリタリーフォースやミクロシスターの組み換えパターンに於ける説明不足、不親切さが不評を買っていますので、両製品とも詳細な組み立て説明を公開するべきだと思いますよ。丁度武装神姫でも同じ事を経験していたので遅きに失した感は否めませんが、それでもサポートのあるないでは製品に対するイメージは大きく変わりますから。
 繰り返して言いますが、カスタマーとの温度差は可能な限りなくしていかねばなりません。今回のアンケートの結果は逐一反映させ、ユーザーの視点に立った製品展開を心懸ける事、それが一番の復活の鍵だと思いますね。」
みくる「今日は長い時間、お話し頂いてありがとうございました。」
ミク「それではこれからのミクロマンシリーズがどのように動いていくかはじっくり、しっかり見つめていかないと行けませんね。
 では、本企画はここまでです。次回以降は未定ですが、何かあったら公開しますね。それでは皆さん、ごきげんよう。」

みくる「そう言えばみゆきさんはこれからどちらへ?」
みゆき「ちょっと松戸の方まで…ミクさんもご一緒でしたよね。」
ミク「ああ、そうでした。早く支度して急ぎましょう。」

 こうしてミクとみゆきさんは松戸の町へと旅立ったのでした…

みくる「松戸って…サポセンですか?」
ミクロマン200X | 投稿者 えびとろあなご蒸し 01:33 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク
えびとろ愚痴ブログ「箸だけで1,000?」
ゼントラン&マイクロン
ろべるともるが
digital bs tuners blog
タカラホビー.com
ミクロマンオフィシャルサイト
タカラトミーオフィシャルサイト
ホビダス[趣味の総合サイト]